お知らせ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 梅雨時期

梅雨時期

梅雨の時期になりましたね

ジメジメとした湿気。蒸し暑い気温。どんよりした天気…
梅雨時期は体調変化が現れやすくなります
私たち人にも現われやすい体調の変化はワンちゃんネコちゃんたちにもどのように影響があるのでしょうか
可愛いわが子の体調管理、一緒にチェックしてみましょう

 

~皮膚の状態~

ジメジメとした気候の中、湿度が多くなるので皮膚の状態もチェックしてみましょう
この時期のかゆみはカビやダニなどが原因になることが多いそうです
私たちのお布団やお部屋はもちろん、ワンちゃんネコちゃんのベッドや布団などもお洗濯やお掃除をしてあげましょう
愛用品やお気に入りのオモチャやぬいぐるみなどもこの機会にぜひキレイにしてみましょう
すっきりキレイにお掃除が済んだら今度はわが子の身体もチェック
お耳の中、お口のまわり、首回りやお腹なども優しくスキンシップしながら見てみましょう
梅雨時期にはノミやダニも活発になります。外から連れてきてしまう事もありますのでワンちゃんの場合、お散歩の際にもお気をつけください
マダニは稀に人を刺す場合もありますのでお散歩後は飼い主様もマダニに刺されていないかチェックです

もし、異常があれば病院へ行きましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

~食中毒~

梅雨時期は湿度が高く菌が繁殖しやすくなりますので人もワンちゃんネコちゃんも食中毒にもならないよう気を配りましょう
ワンちゃんネコちゃんのご飯やおやつにも注意してあげましょう
食べ残したオヤツ、ネコちゃんは置き餌などされていらっしゃる方も多いと思いますが、この梅雨時期は要注意です
特にウェットフードの場合、湿度と気温が高いこの時期は傷みやすいのでご注意ください
またお水入れのお手入れも忘れずに。ぬめりも食中毒の原因になることがあるそうなので綺麗に保ってあげましょう

いつもと違う様子、気になることがありましたら動物病院にご相談下さい

 

 

 

 

 

 

~熱中症~

ジメジメとする梅雨時期。湿度のコントロールが難しくなりますね
もともと暑さに弱い種類の子もいますし、高齢の子や体調不良の時も注意です
人も同じです。こまめに水分補給で梅雨を乗り切りましょう
外出時の水分補給や暑い時間の外出をなるべく避ける、運動時には適度な休憩をしながら行うなどの対策をしましょう
体調不良の時には無理をしない事も大切です

梅雨は気分もどんよりしがちですが、そんな時には気分転換です
いつもと違う遊びをしたり楽しく過ごせる工夫もしてみてはいかがでしょう
わが子を連れての動物霊苑へのお参りもお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

ペット愛葬社  寺嶋

関連記事